かわいいの定義に悩む1日

先日、あるliveに行ってきました。そのliveは、5組ぐらいの男性グループが出演するもので、客層は10代から20代の女性でした。私は気になるグループがいたので、軽い気持ちで友人を誘い参加したのですが、そこでジェネレーションギャップを感じてしまいました。ある一人の男性が登場した瞬間、一斉に「キャー」という歓声が響き渡りました。私たちは、その男性のことを知らなかったのできょとんとしていたのですが、彼が一言話すたびに「キャー」。笑っただけで「かわいー」。ペットボトルの水を飲んだだけで「かわいー」。ちょっとトークで噛んだだけで「かわいー」。なにが可愛いかったのだろう、頭がクエッションマークでいっぱいでした。調べてみると、その男性はまあまあ有名な声優さんらしく、人気アニメなどで活躍されているようでした。今の若い子だちは、声優さんをアイドルのような存在で見ているんだなぁと初めて知ったのです。そして、かわいいと皆から言われていたその声優さんは35歳。私より年上でした。かわいいって、なんでもありな言葉なんだなあと感じた1日でした。http://xn--dckg3bvc9e0c3a8ic0d1c1oc2415k.jp/